特徴・特色

トップページ > 特徴・特色

知的な活動「知育」

体育ローテーションに続いて、室内保育の始めは、日課活動から始めます。主な内容は以下の通りです 。
フラッシュカード
カードに文字や言葉を書いたものを10枚1組で用意し、これを瞬間に見せながら先生が発声し、子どもたちに発声させることによって、言葉を吸収していく教材です。
百玉そろばん
耳で音を聞き、目で見て、口で唱えるという3つの器官を使い、緊張感の中で瞬間的に数量をとらえる。
発声
子どもたちの音楽能力は、大人を超えるものがあります。歌や合奏に酔う子どもたちの顔は、いつ見ても素晴らしく輝いています。
そんな心を子どもたちは持っているのです。

情操的な活動「徳育」

歌を歌うことの素晴らしさ
歌は、詩や文と同じように心を伝えるものです。子どもにとっては、体中を使っての表現です。歌に対する気持ちやエネルギーをそのまま受け取り表現力を育みます。
みんな絵を描くのが大好き
文章と同じく、子どもの性格や生活がよくでます。興味の持ち方は個々によって違い、造形から入る子ども、色から入る子ども、形や構成から入るこどもといろいろです。上手、下手というよりは、その子なりの感性が出ているかどうかを大切にしています。
探究心「これってなぁに?」
好奇心や探究心は、あたりまえの子どもたち! 自分が「知りたい」「やりたい」と思ったことなら、子どもは何でもしますね。こうした、自分から学ぼうとする意欲が大切です。

健康的な活動「体育」

エネルギッシュな自由時間
日々体育活動をしている子どもたちはタフで、エネルギッシュです。自由あそびの時間、10時から10時半まで毎日活動しています。
体力、瞬発力、気力、集中力そして仲間意識
鉄棒・跳び箱・マット・うんてい・トランポリン・丸太渡り・縄跳びなどの種目を園児たちが集団の中でそれぞれの能力に応じてこなしていくことによって、体力、瞬発力、気力、集中力そして仲間意識を高めていく幼児の集団教育です。